国内旅行観光列車でグルメ旅

国内旅行をする時、移動に追加える空気式のクッションを使います。首に装着すれば寝違えなどを防げます。

国内旅行観光列車でグルメ旅

国内旅行で移動時に使える空気式クッション

エアベッドと呼ばれるものがあります。アウトドアなどに持っていく事ができるものです。その名の通り、空気を入れてクッションのようなベッドを作ります。大きいものだとかなり空気を入れるのに時間がかかりますが、いざ入ってしまうと通常のベッド通りに快適に寝ることができます。使わない時は空気を抜いて、折りたたむようにします。折り畳めばコンパクトになりますが、空気が抜けないようにかなり丈夫になっていて、重さは相当あります。

空気を膨らまして使うものは結構あります。泳ぐときに使う浮き輪などがあるでしょう。これらのいいところは、必要んときに空気を膨らまして使い、不要なときは空気を抜いてしまうことができることです。浮き輪ぐらいならほぼぺったんこになってかさばらず、重さも感じません。国内旅行においても、空気を入れて使うアイテムをいくつか持っていくようにしましょう。いくら持って行ってもかさばりません。念の為に持って行っても良いと思います。

まずは、首に設置する枕です。バスなどでは首が移動して寝違えたりすることがあります。これをしていると首が安定します。その他クッションがあります。座席にセットすれば尻ずれなども起きにくいです。

関連記事