国内旅行観光列車でグルメ旅

春夏秋冬絶え間なく変わり続ける日本の風景は素晴らしいです。絶景を探しに国内旅行をしてみるのもいいと思います。

国内旅行観光列車でグルメ旅

国内旅行で行ってみたい季節を感じる風景

四季折々に姿かたちを変える日本の風景は一年中見ていても飽きないということもあります。そんな国内旅行で行ってみたい日本の素晴らしい風景をいくつか紹介することが出来ればいいなと思っています。一つ目は富山県にある、雪の大谷ウォークです。立山室堂平は世界有数の豪雪地帯であり、その中でも大谷は吹き溜まりのため積雪が多く、深さが20mになることもあります。この大谷内を通る道路の雪を除雪してできたのが「雪の壁」です。

二つ目は、ホタルイカの身投げです。こちらも富山県で見ることが出来ます。春の風物詩となっています。ホタルイカはこの時期になると産卵のため、新月の夜に海岸に押し寄せてきます。これが「ホタルイカの身投げ」です。砂や波の刺激を受け光り輝く沢山のホタルイカはとても幻想的で3月から5月にかけてみることが出来るそうです。

三つ目も、富山県にある春の称名滝です。落差は日本最高の350mを誇っており、四段構成の滝です。国の名勝および天然記念物であり、日本の滝百選にも選ばれています。雪解け水が多く流れる春には両サイドにハンノキ滝とソーメン滝が現れ、三つ滝が並んだ光景を見ることが出来ます。一度、本物を見に現地に行ってみるといいと思います。

関連記事