国内旅行観光列車でグルメ旅

国内旅行に行くなら温泉があるところが良いと思います。温泉に関する知識も身につけておきましょう。

国内旅行観光列車でグルメ旅

国内旅行と温泉地について

国内旅行の旅行先を選ぶ際、いろんな基準があると思います。そんな中でもどうせなら温泉のある場所が絶対にお勧めです。いろんな名所、旧跡をまわった後、夜には宿で美味しい料理を食べ、ゆっくりと温泉につかる…これが最高の旅行コースです。それに有名温泉地には旅行客を楽しませるいろんなノウハウがあるので、あまりハズレがないのが良い点です。

そうした温泉地選びの際に気をつけておきたいのが温泉の泉質です。泉質の表示としては酸性泉とか硫黄泉、あるいは放射能泉など、いろんな種類があります。これらの泉質によって効能も変わってくるので、温泉に行く前にチェックしておきたいものです。また、温泉の温度によっての分類もあります。例えば、温度が25度未満なら冷鉱泉、34度未満なら低温泉と呼ばれます。ですから正規の温泉は34度以上ないと温泉とは呼ばれないのです。また温度が高温の42度以上の温泉は高温泉と呼ばれます。こうした温泉の豆知識を知っておくと温泉通と思われます。覚えておいて損はないですね。

日本は火山列島とも呼ばれるほど、あちこちに火山があります。ですから温泉地もあちこちにあります。これだけあると行き尽くすということは無さそうですね。

関連記事